忍者ブログ

放射能健診100万人署名運動

国と東京電力が、希望する全ての人に放射能健診を行うよう求める運動です。署名を全国で100万筆集めて、国に提出します。
  • 署名用紙DL
  • ネットで署名

ブログ

甲状腺検査の新たなデータ

 昨年11月30日の福島県民健康調査のあらたなデータの中で、二巡目の検査で甲状腺がん患者が39人、うち手術をした人が15人と公表されました。

 当初、二巡目検査(福島県は「本格検査」と言う)の受診率が低いことが気がかりでしたが、ここに来て「平成26年度検査対象者」の受診率が7割を超え、今後も少しずつでも増えるでしょう。県民の健康不安/関心が高いことが判ります。(一巡目検査の受診率は81%でした。)

 公表された結果では細胞診で甲状腺がんと判定された人が39人となり、前回から14人増えました。今回は平成26年度受診者の2次検査の判定が進んだことで、発見されるがん患者も増えたようです。今後は平成27年度受診者の判定もどんどん進みます。

 二巡目検査(「本格検査」)で気になる点があります。前回の公表データでも感じましたが、まとめると、

2次検査を受診して結果が確定した人のうち、「通常診断等」移行者の割合は現時点で73%で、一巡目検査(県は「先行検査」と言う)の66%より高い。

それにもかかわらず、「通常診断等」移行者のうち、「細胞診受診者」の割合が一巡目検査時の半分の20%(一巡目では40%)である。

 
 希望を込めて考えれば、細胞診の是非の判定が精密/正確になった、という事かもしれませんが、私は逆に政治的な臭いを感じます。

 甲状腺がんの異常多発を隠しようがなくなった段階で、国の「専門家会議」の委員らが持ち出した「過剰診断」は現在、異常多発を打ち消す唯一の「根拠」です。これが細胞診を控える圧力になっているのではないか?

 この影響が県民健康調査の臨床現場に持ち込まれるなら、検査結果の正当性の問題以上に、福島県民の健康に直結する悪影響、検査を受ける権利の侵害ではないか?

 いずれにしても福島県立医大が「細胞診」実施の判断基準を厳しくしたのだと思います。これが何をもたらすか?

まだ検査数が少ないので確定できませんが、「細胞診受診者」のうち甲状腺がん陽性と判定された人は一巡目検査で21%(537人中113人)、二巡目検査では31%(124人中39人)で、二巡目検査で「細胞診受診者」を絞ったとしても、がんの発見率が2倍になった訳ではない。~ 検査漏れ、発見漏れが心配されます。
PR

ページトップへ戻る