忍者ブログ

放射能健診100万人署名運動

国と東京電力が、希望する全ての人に放射能健診を行うよう求める運動です。署名を全国で100万筆集めて、国に提出します。
  • 署名用紙DL
  • ネットで署名

ブログ

「4/9 お話しとピアノの会」 報告〜真実をつたえることからはじめよう!

4月9日に河野康弘さんのお話し会&ピアノ会を開催。40人が参加しました。

 河野さんのピアノは力強く、時にはやさしく「イエスタディ」「チューリップ咲いた」「古時計」など懐かしいメロディーもかなでてくれた。実行委員会からは、2015年11月の福島訪問の時に取材した、「避難する人はもう避難した」という現実、線量の高いところに帰還させられようとする福島の現実を報告。 河野さんははっきりと「東京から避難してきたといいます」「訴えることで相手に真実を伝えることができる、これが大事」と語られました。参加者は「福島事故の現実をもっと訴えていこう。」と勇気づけられた。

 以下は、河野さんのお話の要旨。

<放射能はタブー>

 私の息子にも鼻血が出るし、嫁の肌に紫斑が出るようになり、「東京から逃げなくては」と思った。東京から引っ越ししようとしたら「どこにいくのか」とか、「誰も避難するなんていわないのに」と言われたり、86歳の母が「息子が頭がおかしくなっている。」と心配した。知り合いの子どもが鼻血を出しても、誰もマスクをしておらず、放射能のことを言える雰囲気ではなかった。演奏練習の拠点にしている国立を離れ避難場所を見つけるのに苦労した。2012年2月になってやっと京都の嵐山に家族と避難した。

<東京も高線量>

 東京から避難していると聞いて驚かれることがある。一方、「避難していることを話してもらってよかった」ともいわれる。話を聞いて、「東京がひどいなら、関西か海外の大学にいこうかな」といってくれた学生もいる。誰かがいわなければならないと思い、名刺にも「東京から避難」と書いている。NHKの放送で、東京湾のセシウムの値が大きくなってきていることを報道していた。葛飾臨海海族館のマグロが全滅した。わたしは放射能の影響しか考えられないと考えている。東京も高線量汚染地域だ。

<公演活動キャンセルも>

 名古屋のある高校で公演を頼まれたが、「東京から避難している。」「東京の放射能の実態を伝えたい。」と言うとキャンセルされた。「子どもたちが東京に旅行へいくのに、マイナスイメージはよくないから」と言う理由だった。なぜ子どもたちに真実を伝えないのかと思う。現実を見ないといけない。まだ非常事態宣言は出たままで、放射能は広がっている。なのに、オリンピックをするなんておかしいし狂っていると思う。

<子どもを守ろう>

 チェルノブイリは10~20年とだんだん子どもの病気がひどくなっていった。大人になって子どもを生んで次の世代が病になっている。日本で今後、どれだけ被害がでてくるのか想像をもつかない。本来は個人じゃなくて国が子どもを守っていくべきだ。戦争法にしてもおかしなことがまかり通る。今の世の中はくるっている。

 あきらめずに真実を伝えることから、「放射能被ばくを許さない、原発廃炉へ」の社会をつくっていきましょう。


河野さんのお話し
PR

ページトップへ戻る